読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学職員がブログ書いてもいいですか?

とある大学の職員が、大学職員のことから教育関連やら経済・金融やら日常やら書きます(予定)。

私立大学職員になるには? Part.1

今回から、私立大学職員になるには?をテーマに何回かに分けて書いていきます。

 1. 職員採用情報を探す

当たり前ですが、大学側が求人を出していないと応募できません。

なので、まずは募集している大学を探しましょう。

これに関しては、一般企業とほとんど変わりません。各大学のHPや各種ナビサイトで探すのが一般的でしょうか。有名大学やお金のある大学なんかは、ナビサイトに普通に載ってますね。一方で、大学のHPのみで募集している場合も多々あります。

大学HPの求人情報は、わかりにくいところに書いてある場合が多いです。トップページの端の方に小さく「採用情報」とリンクが貼ってあるならまだマシな方で、情報公開などのページに載っていたり、大学のHPではなく学校法人のHPにひっそりと載ってたり、ということもあります。見つからない場合は、くまなく探しましょう。

 

また、このブログをご覧になっている方なら知っている方もいらっしゃるかと思いますが、『大学職員への道』というサイトもありますので、ぜひチェックしておきましょう。こちらのサイト、大学職員に関する就職・転職情報が充実していて非常に参考になります。

求人情報が一覧でまとめられていたり、過去の具体的な試験情報が掲載されていたりと一度見ておいて損はしないと思います。私も愛用しておりました。

*実は、ささやかながら試験情報を投稿させていただいたことがあります(笑)。何年も前の話ですが…。

 

>大学職員への道管理人 様

すみません、勝手に紹介させていただきました。その節は、大変お世話になりました。

 

新卒の場合

新卒の場合は、けっこうナビサイトに募集が出ています。やはり、リクナビマイナビが多いでしょうか。「学校法人」で検索するとたくさん出てきます。

あとは、自分の大学の就職課・キャリアセンターなんかに行くと、求人があるかもしれません。特に、自分の大学に就職したい場合、それが手っ取り早いかと思います。

もちろん、各大学のHPでひっそりと募集していることも多いです。

実際の採用スケジュールとしては、①一般企業とほぼ同じ時期、②一般企業のピークが終わったぐらいの時期 の2パターンが多く見受けられますが、大学によっては秋や冬にやっているところもあるようです(もちろん4年生の秋・冬です)。

これは個人的な意見ですが、やはり新卒採用を何年も継続してやってる大学は安心感があると思うんです。職員採用はお金と手間がかかります。それを継続できるほどいろいろな意味で安定しているわけですので。特に、新卒採用は即戦力ではなくポテンシャル採用なので、研修だったり、OJTだったり…とやってあげなきゃいけないため、新卒一年目の職員なんかはあまり使い物にならないんですよね(もちろん、これは大学に限らずですが)。

そんなこんなで、小規模大学では新卒採用をやっていない場合が多いです。やっていないのではなく、できないとも言えます。

 

転職の場合

転職の場合も、新卒と同様、リクナビマイナビといったナビサイトでしょうか。あとは、転職エージェントなんかでも募集があるようです。今ではだいぶ少なくなったかとは思いますが、新聞なんかでもたまに募集がでています。

とは言っても、やはり中心になるのは、各大学HPですね。ナビサイトへ掲載するような予算がない場合も多々ありますし。そもそも、中途採用を定期的にやっている大学は新卒採用以上に少ないんですよね。ほとんどの大学では欠員補充的な要素が強いのではないかと思われます。

すみませんが、私自身が新卒で職員になったため、あまり詳しくはないです。

 

というわけで、この辺で第一弾終了です。

次回は、こちら。情報収集のポイントについて書いてます。

 

大学ランキング2016 (AERA進学ムック)

大学ランキング2016 (AERA進学ムック)